« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

Ayako通信 part8~京都より~

きのうに引き続き、
京都からのあったか~く、よだれが落ちそうなレポをご紹介
『馬、午、旨』ライター;あやこsan
ご無沙汰しております。
皆さん、お元気ですか??
写真を見る限り、皆さん変わりなく、楽しそうだなとおもいます。
やっぱり、京都は非常に寒いです。
ということで、いっぱい食べて、ぷくぷく育ってます(笑)
歯科関連の会社のかたと、お食事会でした。
馬、鴨鍋(京野菜)!!!
馬肉メニューがあるお店はやっぱり九州のほうが多いですね。
こちらでは、珍しいもの扱いです。
いろいろな方に声をかけてもらってたまには楽しい日も過ごしてます(笑)。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

イイな~!食べたーい!!京野菜
お肉にもジュルジュルッ
そういわれると、”馬肉”は福岡では見かけるね
毎日毎日、研究に追われる日々だと思うから、
たまにはお誘いに乗って羽を伸ばすのもアリ
また明日からお互いにがんばろうね

| | コメント (0)

2014年1月29日 (水)

Ayako通信 part7 ~京都より~

謹賀新年!! ‏』 ライター;あやこsan

Yuko先生

明けましておめでとうございます。ご無沙汰しております。
フランスはいかがでしたか?
私はお正月京都で過ごし、風邪ひきました(笑)
ずっと写真送るのをさぼっており、たまってしまい、まとめて送っちゃってます。
ごめんなさい。

クリスマス前に嵐山の花灯路へ行ってきました。
もう、夏のあの時がウソのようにいつも通りの嵐山でした!!

大晦日は有名な知恩院で除夜の鐘をきき、平安神宮へ初詣!!
そして、下鴨神社へも初詣&みたらし団子でお腹も心も大満足!!
女性守護の河合神社へも!!

京都でのお正月生活は最初で最後かも、、、。

皆さんも風邪引かないように気をつけて下さい!!結構、たち悪いです、咳がとまりません、、、(笑)

Rimg0030

Photo

20131231_235506

20140101_034228

Jpg

20140102_135420

20140104_144733

あやこさん、お久しぶりっ

京都でのお正月はきっと格別だったでしょうね

でも、風邪を引いてしまいましたか。。。

実は私も帰国後、咳が長引きました

成人クラスの まきさん曰く、

「風邪かな?と思ったらまず耳鼻科」と、

太鼓判を押されたので参考にしてね

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

あま~い春♪

その名も、”スウィート・スプリング”

Dsc00796_800x600

甘くてジューシーなみかんが、

うちの庭(ネコの額ほど)で実りました

酸味が少ないから赤ちゃんにも大好評

そう君(左)&かー君(右)も、バクバクッ

Dsc00795_800x598

・・・このあと、「もっとちょーだいっ!!」が止まらなくて、

ママ達を困らせてしまいましたが

喜んでくれて嬉しかったでーす

| | コメント (0)

2014年1月27日 (月)

ロンドンから

久しぶりの再会、きみこさん

十数年ぶりにだけど、

「変わってなーい

Dsc00788_800x587
(右前の人です

今回は少し長めの帰国だそうで、4回レッスンに来てくれました

こうしてまた会えるのもバレエのおかげ

”継続は力なり”ですね

感想は、、、

「最近、オープン・クラスばかりで直さなきゃいけない所を

見てもらえて嬉しい!」

・・・良かった!!

身体の使い方、動き方、役に立てて私も嬉しい

都市には多いオープン・スタジオ

誰でも気軽に受けられるので人気があり、

フラっと行ってもOKなので私もパリで受けましたが、

一人ひとりに合った細かいアドバイスなどは中々もらえません

ゆえに自分で探り、自分で考える・・・というのが当たり前

1時間半のレッスンの中、プログラムに必死で付いて行く

そんな環境と個人個人に合った内容の教室の雰囲気は違いますよね

Dsc00789_800x591

悩みの解決に近づけたみたいなので、

これからのお稽古もきっと楽しくなると思います

私もいつかロンドンでレッスンを受けたいので、

その時は連絡させてくださいね~

Dsc00791_800x592

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

パリ日記part8

旅もいよいよ終盤

今回はオマケ編として、ご覧下さーい

Dsc00583_800x598ホテルの部屋から見えた、サクレクール寺院

この時、確か朝の8時は過ぎていたはず・・・

夜明けがとっても遅い冬のパリ

Dsc00606_800x577小さなショップが並ぶ、サン・ルイ島

Dsc00562_800x584

新しいお店も出来ていました

オペラ座界隈もまだまだX'masムード一色

Dsc00671_800x556

ご存じ、Lepettoも、

Dsc00672_800x600

『くるみ割り人形』のディスプレイ

Dsc00673_800x584

まるで楽屋!?みたいな試着室から顔をのぞかせる直子先生

Dsc00674_594x800

気に入ったレオタードが見つかって良かったね

Dsc00701_800x563

地下鉄は日本語での車内放送や掲示板も

(主要路線に限られます)

Dsc00582_800x597踊り場はアーティスト達の演奏の場

Dsc00742_800x600

毎日乗った地下鉄は、

Dsc00744_600x800

本当に便利でした

Dsc00753_800x595

さて、帰りも空港までRERという列車で行こうとしたら、

なんと大きな問題発生で運行中止

いきなりこんな事態になることも想定しておかなければいけないのが海外ですね

でも無事にバスで到着でき、ホッと一安心

セルフ・チェックインの操作を手伝ってくれた係員さんはとっても親切

ちょっと一息・・・と、トイレへ行くと、、、

Dsc00752_800x599

かわいいっ

フランス、最後の思い出(笑)

Dsc00755_800x600

帰りの機内も空いていて、ゆったりと過ごせました

あっという間の10日間でしたが、思い出はた~くさん

全てを手配してくれた直子先生に感謝の気持ちでいっぱい

バレエのある旅・・・最高でした

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

パリ日記part7

「パリはどんなレッスンでした??」

帰国後、期待を込めて聞かれる毎日

ワクワクのお尋ねに、お答えしまーす

この、Casati先生はピアニストを従えて、

堂々たる、パリ・オペラ座のレッスンを展開

「ジャンプは跳ねるにあらず!プリエ(膝を曲げる)が重要だ!」

「腕を見るときの角度はこうでなければ!」

「カウントに無駄はない!」

・・・などなど、妥協を許さない内容に毎回シックハック

Dsc00663_800x571

一緒に受けた、Ballet Studio ECO の しのちゃん&みどりちゃんは、

「一回でじゅうぶん~

毎年9月には1年間のカリキュラムが更新されるみたいなので、

チャンスは秋かも(丁寧に説明してくれるそうです)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こちらの教室、その名もワーグナーでは、

Katalin Csarnoy先生の上級クラス

Dsc00667_800x600

Bejartの先生はどういった内容なのか・・・

ドキドキしながら受けたら、

一番シンプルなレッスンで、ホントにびっくりしました

Dsc00666_800x592

私も持ってるCDでお稽古が進み、なんだか日本で受けているみたいな感じでしたよ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Barre au sol(フロア・バー)も充実のパリ

Casati先生のクラスを一緒に受けていた、

Christine Duveau先生のレッスンは分かりやすくて、

直子先生もハマるっ

なにしろ、先生がとってもキレイな女性なので受ける価値あり

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

同じく、フロア・バーの、

Anne Lepord先生も、クラシックに忠実な内容でした

ですが、生徒がほとんど常連さんみたいで、

詳しい説明などなく淡々と進みます

筋力UPにはいいかも

Dsc00680_800x599自撮りしてみました(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、バランシン・メソッドをレッスンしているのは、

Ghislain de Compreignac先生

Dsc00705_800x600

足の筋力強化を一番感じたバーレッスンで、

センターでも上半身の使い方や、

ジャンプのときの前足のバットマン(力強くあげる)を、

何度も説明されていました

受けている人も10~20代が多く、若い子が多い印象でした

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ラテン系で陽気な、パッションあふれる、Daniella Rajchman先生のクラスは、

集まってくるひとも、気さく

Dsc00682_800x575

「踊ることをホントに愛しているんだな~」と、

思える曲選びや振り付けは気持ちいい

「あなた、次はいつパリに来る??」

と、お別れを言うどころではなく、予定を尋ねられました(笑)

Dsc00684_800x600

どのクラスの人たちもレッスンが終われば、

”仲間”として見てくれる感じがしました

一緒に汗を流せば不思議な一体感が生まれるのかな

”遠い日本からやって来た外国人”ではなくなる瞬間を

もたらしてくれた、マレ・ダンス・センターの皆様に感謝

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

パリ日記part6

芸術の都パリなんだから、美術館はハズせないでしょ?

・・・そう思われて当然ですよね~

でも、今回の旅は、「レッスンを受ける」を最重要にしたので、

足に負担がかかる大規模な場所はなるべくパス 回避

でも、回れるポイントにいくつか行ってみたのでご紹介しまーす

まずは、”ジャックマール・アンドレ美術館”

Dsc00650_589x800
ここは閑静な住宅街にあり、この日は日曜日だったこともあって、

周辺はどこもお店が閉まり、ひとけもまばら

Dsc00651_800x600

そんな中、美しいポスター発見

自然と心もはずみながら、中へ

Dsc00653_800x590

裕福な銀行家であった夫妻のコレクションがセンス良く並ぶ邸内

ルーブル美術館の年間資金を遥かに超えて収集した内容は圧巻

Dsc00652_800x591

ゆっくりと眺めたあとは、

Dsc00656_800x581

元はダイニングルームのカフェで一息

日本語オーディオガイドも付いているので絶対楽しめますよ

次は、

Dsc00690_600x800

コニャック・ジェ美術館

Dsc00691_800x589

屋台商人からデパート創設まで身を起こした、その夫妻の邸宅が

これまた美術館に

派手な美術館が多いパリでは、とっても「こじんまり」としているかも。。。

でも、YUKO先生はここが好きなんです

以前に住んでいた、サン・ルイ島に近く、

なんだか個人宅に招かれているような感じがして、

木のぬくもりが落ち着くんです

そして、とっても残念だったのが、バカラ美術館

Dsc00708_800x598

迷わずたどり着けたのに~

閉館日でもないのに~

閉まってたんです~

クヤシーから、最寄駅(地下鉄)も記念にパチリ

Dsc00710_800x600

アールヌーボーっぽいでしょ

実はピカソ美術館も行ったけど、何らかの事情で閉まってた

パリではこーゆー事情も、「仕方ないか」と思って受け入れるしかナイのです

それが、旅の極意。。。

さてさて、1900年のパリ万国博の際に建てられた、グラン・パレは、

Dsc00712_800x557
建物そのものが美術館

Dsc00714_800x558

見どころ&入り口も多数あるらしいのですが、

地下鉄下りたら長蛇の列ができているので自然と並んだら・・・

この企画展めあてのお客さんたちの行列でした

Dsc00715_800x597
中に入って、しまった・・・

フランス人だらけ・・・

東洋人(もっというとアジア人)私だけ・・・

いかにも美術愛好家の年齢層高めの方々が、

深く濃く見ている空間に飛び込んでしまいました

そんな中、サラーっと見るわけにもいかず(笑)、

一緒にゆっくり見ましたよ、ハイ、日本人として恥じないようにネ

もちろん、ショップ・コーナーも大盛況

Dsc00718_800x592_2

おトイレまで真っ赤の造りはさすがパリ

でも、次はちょっとマイペースに見たい・・・

そんな願いを叶えてくれたのは、向かいにあるプティ・パレ

Dsc00724_579x800

ナポレオンのお墓(アンヴァリッド)に挨拶しつつ、道路を渡ればスグ

Dsc00723_800x600

ホントにプティ(小さい)!?

Dsc00736_581x800

っていいたくなるくらい、展示品だけでなく建物そのものが充実してました

なんだか、居心地よくてホ~っとしてたら・・・、

このヒトに呼び止められました

Dsc00730_597x800

初めて見た(会った)のに、不思議な感覚

思わず、係員さんに、「写真を撮ってもいいですか?」と聞きました

※フラッシュ無しならOK

19~20世紀の優れた作品が多いのでぜひ訪れてみてくださいね

そして、ここもショップが盛りだくさん

素敵なポストカードも豊富で選ぶのもすっごく楽しかった

最後は庭園を眺めながらティータイム

Dsc00726_800x591
寒いパリなのでコートも脱げないテラス席だったけど、

このお庭を一人占めできたのでモンクなし~

Dsc00727_593x800

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

2014開運チョコ

今年もひいてみよう

おみくじチョコ

Dsc00775_800x557

毎年、小倉商工会館からプレゼントされる、

この ”運だめし”

この子たちは、、、

「中吉ってナニ~?」

Dsc00777_800x600

「ラッキーアイテムって~?」

Dsc00778_800x580

と、ほとんど意味は分からないのに、

とにかく何が出るのか楽しみ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今月から、”眠れる森の美女”第1幕より Va2元気の精

に、挑戦している、金曜ヴァリエーション・クラス

そこに意外な落とし穴が!?

YUKO先生がパリでヌレエフ版を見て、「コレだ!」と、

テーマを決めたんだけど、、、

エカルテ・デリエール(ななめ後ろ方向へ足を上げる)が、

難所?・・・関所??

アテール(足を上げない状態)では出来るから、

Dsc00784_800x593

あとはポワントで完成しよっ

Dsc00786_800x600

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

パリ日記part5

今日はパリで一番お世話になったレストランをご紹介

な・な・なんと! ベトナム料理でーす!!

Dsc00647_800x599

みなさん、ベトナム料理ってどんなイメージですか??

日本に居たらそんなに食べないかも!?ですよね

でも、アッサリしていて、超・美味だったんです

Dsc00632_800x588

これは、”ダックのあぶり焼き”のヌードル

一口お汁を飲んだ瞬間に、「スープ春雨の味がするっ」と、

その懐かしさに感涙(例えが貧弱

Dsc00598_800x592

これは、若鶏のヌードル

ベースも麺もトッピングも、全て優しい味わい

唯一トンガっていたのは、パクチーくらい(笑)

Dsc00678_800x581遅くなった日はお惣菜やチャーハン、焼そばなどをここで買って帰り、

ホテルで食べたことも

なんでそこまで通ったの??

ふふっ それは、ホテルの真向かいだから~

しかも祝日以外は休みなしのお店だったので、

すんごく助かりました

みなさまも、ぜひチャンスがあればパリでベトナム料理お試しくださいね

Dsc00688_800x588

もちろん他にも、いくつか気になるパン屋さんにも行きました

前もって調べるというより、

行列が出来ているところに、並んでみるという方式

Dsc00689_575x800

チキンのパテに水菜、トマト、紫玉ねぎ、(確か)オリーブ、

決め手はドライ・イチジク!というサンドでしたが、

その組み合わせに驚きながらペロリ

言葉に尽くせない味わいで、気分はすっかりパリジェンヌ

量も多いので一挙両得メルシー

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

パリ日記part4

お待ちかねの、

パリ・オペラ座バレエ ”眠れる森の美女” の公演でーす

Dsc00631_592x800

2日連続して観られるという幸運を準備してくれた、直子先生に感謝しつつ、

バスティーユ劇場へ(1/3、4)

Dsc00614_600x800

やっぱり・・・こちらもまだまだX'mas

でも会場内が一段と華やかでした

Dsc00624_800x593

さて、1夜目の配役は、なんとスジェ(上から3番目の階級)のAurelia Belletさんが

オーロラ姫に大抜擢の舞台

新鮮な踊りに期待しつつ、登場を待ちましたが、、、

初々しさよりもプレッシャーの方が強かったかな

ハラハラしながら、頑張れ!と直子先生と手に汗にぎる場面も

だけど、王子役のVincent Chaillet氏(プルミエール・ダンスール 上から2番目)の

懸命なサポートに支えられ、大きな失敗も無く終了

鑑賞というより、応援したって感じがした夜でしたネ

Dsc00634_800x585

続く2夜目も同じバスティーユ劇場

Dsc00641_800x589

だけど、今日はなんと最前列! 一番前の席

Dsc00643_800x588

オケが目の前に、そして手が届きそうな近さでダンサー達を

観られる贅沢席にワクワク

この日はエトワール(最高位)の、Myriam Ould-Braham & Mathias Heymann両氏の

コンビだけあって、安定した踊り

脇を固めるダンサーも昨日とは変わって全体的にレベルが高かった

そして、一夜にして演出にも手が加えられ、

お城中が魔法にかかって眠る場面が変わったり、

リラの精がオーロラ姫のもとへ王子をつれて行くのに

ゴンドラの上で地図を出してみせたり、

驚きのシーンがいくつかありました

ん~、飽くなき挑戦・・・すごい!

でも、2日間で一番印象に残ったのは、やはりコールド(郡舞)の美しさでしょうか

揃っていてホントに良かった~

同じメソッド(教育)で育つのは大切なコトですね

Dsc00577_800x600

でも、せっかくのパリ・・・

やっぱり、オペラ・ガルニエにも行きたーい!

Dsc00676_800x512

ということで、お土産(自分用)はこちらでGET

CDやDVDの品揃えが多数なので時間を忘れてしまいました

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

パリ日記part3

やっと来た~

「マレ・ダンス・センター」

およそ7年振り

Dsc00587_589x800

変わらないこの造り、

Dsc00683_800x519

大小20はありそうなスタジオ内は迷路そのもの

Dsc00586_800x568

階段もこの通り

古い建物なのでほぼ水平な場所はないくらい傾いてますので、

キャリーは気を付けて(笑)

Dsc00585_800x589

楽しみにしていた、CASATI先生のレッスンはここ

Dsc00584_600x800

その名もベートーベン教室

広さは小倉商工会館の地下2Fくらいかな

Dsc00704_800x595

ピアニスト付きのお稽古も久しぶり

次々に集まってくる生徒は総勢40名くらい!?

朝の9:30(しかも1/2)とは思えない賑やかさでした

以前にもパリ・オペラ座出身のCASATI先生のクラスを受けていたのですが、

今回はその早さにビックリ!

バーレッスンの音楽が早いこと、早いこと・・・

これで”初級”なんだと、直子先生と驚きました

1時間半のレッスンですが、前半で汗だく

かなり動いた気がしました

チケット4回分買ったからまた明日もがんばろうっと

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

パリ日記part2

祝・お正月

さぁ、今日から2014年のスタート

ハリキって行くぞ~

・・・と思ったら、なんとパリはまだまだX'masムード

Dsc00534_800x594

これ、朝食のセッティングなんですが、

滞在中ずっとツリー模様は変わらず(笑)

毎朝焼き立てクロワッサンの香りに誘われて目ざめるプチ贅沢を味わえたから、

良しとしましょう

Dsc00532_800x581
「さて、新年あけてどこに行く??」

悩ましい問題から始まりました(笑)

すぐにでもレッスンを受けたいところですが、

さすがに元旦はお休み

デパートも街角のお店も美術館もほとんど閉まってます

「とりあえず、凱旋門に行こうか

面したシャンゼリゼ大通りならお店もチラホラ開いているかと、

期待して到着したら、、、

早速、イタリア人夫妻にカメラを頼まれました

Dsc00537_800x589

「君たちも撮ってあげるよ!」

と、お互いにパチリ

Dsc00539_586x800

ちなみに直子先生はこの日だけで、3回は撮影を頼まれてました

(もちろん、見知らぬ外国人に

それにしても久しぶりにシャンゼリゼを歩いて、

改めて広さ&長さを感じました

Dsc00542_800x599

日本でも有名なお店がたくさん

Dsc00546_800x599

こちらもまだまだX'mas

Dsc00545_800x579

カフェもいくつか開いてましたが、どこも大賑わい

そろそろコンコルド広場も見えて来たし、地下鉄に乗ろうかな?

と思っていたら、

パレードに遭遇

Dsc00550_800x600

タンタン♪タカタカ♪タンタン♪タカタカ♪

Dsc00551_800x600

いよっ!

Dsc00553_592x800

かなり大きな催しだったみたいで次から次へと出し物が現れていました

Dsc00557_800x581

沿道には出店も並んでお祭り騒ぎ

Dsc00547_800x600

冷たい風に耐えられたらもうちょっと見られたんだけど、

たまらず地下鉄へ

そして、次はパリと言えば、やっぱりココでしょ!

Dsc00571_595x800
エッフェル塔

見て下さい、この人・人・人

Dsc00568_800x599

この写真の向こう側にも延々と続いていました

何時間待つんでしょうね~

思わぬ人ごみにあって、離れた場所へ避難

ホ~

Dsc00572_592x800

遠くから見てもエッフェル塔はいいものです

このあとはカフェでご飯

直子先生はオムレツ(奥)、私はラザニア(手前)を注文しました

Dsc00574_600x800

お味は意外とアッサリ

スパイスもほとんど使ってないんじゃないの??っていうくらい、

優しくて美味しかったです

一度も、「明けましておめでとう」を言わずに終わった元旦でしたが(笑)、

パリの名所が見られて満足の一日でした

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

パリ日記part1

12月31日のお昼12:25

世の中は慌しい大みそかのまっただ中

YUKO先生はフランスへTake Off

ここからパリでの9日間の始まり始まり~

・・・っとその前に、「腹が減っては戦にならぬ」で、

関空で腹ごしらえ

朝10時に空港へ着いてからお腹ぺこぺこで、

「今年最後の和食を食べよっ」

と、うどん屋さんへ

Dsc00522_800x587

気分も落ち着いて免税店を覗いていたら早くも機内へ案内が

3人掛けのシートは直子先生と2人で使えてラッキー

その後も昼食、

Dsc00525_800x600

夕食、

Dsc00528_800x584

と、食べてばっかりの12時間を過ごし、

無事にパリへ到着(どれだけカロリー摂取したのやら

空港から市内へRER(高速郊外鉄道)を使っての移動でしたが、

なんと”謹賀新年”で無料

12/31~1/1まで一部の地下鉄路線もFreeだなんて知りませんでした

ホクホクとお年玉をもらった気分で北駅に到着

Dsc00535_800x600

今回9泊するホテルに一番近い駅でもあり、

各地に行けるほどの主要ターミナル

滞在中も本当に便利でした

さて、時差の関係で新年間近のパリに着いたものの、

どこへ行くのもままならず・・・

とりあえず、近くのスーパーで買い物をして、

部屋でパーティ

Dsc00531_800x592

なんて地味(笑)

閉めはもちろん、「年越しそば」←持って来てよかったぁ

フランスのテレビ局が、”大みそか グランドショー”みたいなのを放送していて、

マジックから、イリュージョン、華やかなショーなど、

日本ではなかなか見られないオンパレードに、

目が釘付けになりながら夜は更ける・・・

ホテルは約40部屋ほどのこじんまりした感じで、

”狭いながらも楽しい我が家”の雰囲気

Dsc00696_800x580

驚いたのはエレベーター

Dsc00594_800x559

ボタンを押し、

Dsc00596_578x800

ドアを開け、乗るんです

(内扉もありました

定員3名って書いてありましたが、日本人女性なら4名でも大丈夫(笑)

移動の疲れと時差もあり、

結局カウントダウンの前に爆睡した、私たち

居心地のよいホテルにたどり着けてホントに安心しました

~~つづく~~

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

Bonne Annee 2014 !

Dsc00759_800x537

Dsc00760_800x600

Dsc00761_800x560

Dsc00762_800x600

して

Dsc00764_800x600

おめで

Dsc00766_800x600

とう

Dsc00767_800x571

ございまーす

元気に全員そろったプルミエクラスから新年スタート

きっと今年はどのクラスも飛躍すると確信得たり

YUKO先生もパリでレッスン受けて充電バッチリです

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »