« パリ日記part6 | トップページ | パリ日記part8 »

2014年1月19日 (日)

パリ日記part7

「パリはどんなレッスンでした??」

帰国後、期待を込めて聞かれる毎日

ワクワクのお尋ねに、お答えしまーす

この、Casati先生はピアニストを従えて、

堂々たる、パリ・オペラ座のレッスンを展開

「ジャンプは跳ねるにあらず!プリエ(膝を曲げる)が重要だ!」

「腕を見るときの角度はこうでなければ!」

「カウントに無駄はない!」

・・・などなど、妥協を許さない内容に毎回シックハック

Dsc00663_800x571

一緒に受けた、Ballet Studio ECO の しのちゃん&みどりちゃんは、

「一回でじゅうぶん~

毎年9月には1年間のカリキュラムが更新されるみたいなので、

チャンスは秋かも(丁寧に説明してくれるそうです)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こちらの教室、その名もワーグナーでは、

Katalin Csarnoy先生の上級クラス

Dsc00667_800x600

Bejartの先生はどういった内容なのか・・・

ドキドキしながら受けたら、

一番シンプルなレッスンで、ホントにびっくりしました

Dsc00666_800x592

私も持ってるCDでお稽古が進み、なんだか日本で受けているみたいな感じでしたよ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Barre au sol(フロア・バー)も充実のパリ

Casati先生のクラスを一緒に受けていた、

Christine Duveau先生のレッスンは分かりやすくて、

直子先生もハマるっ

なにしろ、先生がとってもキレイな女性なので受ける価値あり

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

同じく、フロア・バーの、

Anne Lepord先生も、クラシックに忠実な内容でした

ですが、生徒がほとんど常連さんみたいで、

詳しい説明などなく淡々と進みます

筋力UPにはいいかも

Dsc00680_800x599自撮りしてみました(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、バランシン・メソッドをレッスンしているのは、

Ghislain de Compreignac先生

Dsc00705_800x600

足の筋力強化を一番感じたバーレッスンで、

センターでも上半身の使い方や、

ジャンプのときの前足のバットマン(力強くあげる)を、

何度も説明されていました

受けている人も10~20代が多く、若い子が多い印象でした

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ラテン系で陽気な、パッションあふれる、Daniella Rajchman先生のクラスは、

集まってくるひとも、気さく

Dsc00682_800x575

「踊ることをホントに愛しているんだな~」と、

思える曲選びや振り付けは気持ちいい

「あなた、次はいつパリに来る??」

と、お別れを言うどころではなく、予定を尋ねられました(笑)

Dsc00684_800x600

どのクラスの人たちもレッスンが終われば、

”仲間”として見てくれる感じがしました

一緒に汗を流せば不思議な一体感が生まれるのかな

”遠い日本からやって来た外国人”ではなくなる瞬間を

もたらしてくれた、マレ・ダンス・センターの皆様に感謝

~~つづく~~

|

« パリ日記part6 | トップページ | パリ日記part8 »

YUKO先生日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。