« 進んでます | トップページ | プリエの »

2015年7月12日 (日)

パイプオルガン・コンサート

アルモニーサンク北九州ソレイユホール

この会場の目玉ともいえる、パイプオルガンのコンサートに行ってきました

これまで、何度も足を運んだことのあるホールですが、

実はパイプオルガンを聴くのは初めて・・・

ワクワクしながらこの日を待っていました

と、その前に、、、お腹が減っては始まりません(笑)

こちらもずっと気になっていた、

小倉商工会館地下1階の、”芭蕉庵”へ

7121

山形の板そば、とっても美味しかったでーす

スタジオと同じビル内にあるのに、今まで来たことがなかったなんて、残念。。。

でも、一人でも入れそうな雰囲気にすっかり満足

さてさて、暑い中、会場へ着くと、、、

「先生~!」

と、入り口で声をかけてくれたのは成人クラスの さとこさん!!

「お久しぶりです~! レッスン行けなくてスミマセ~ン

と、突然の再会

彼女はこの春から市のホールでのお勤めになり、

6月からの芸術祭が始まると忙しくなると聞いてましたが、

今日もここでお仕事中とは

でもでも、会えてよかった・・・

と、またまた後ろから、「先生~!」

次は誰??

育児中の みわちゃんが駆け寄ってきてくれました

「元気だった?」

お互いに質問攻め(笑)

それから一緒に客席へ

座れたと思ったら、何やらこちらに手を振ってくれる人たちが・・・

「先生~!」

まりこさん&ママ!!

少し離れていたけれど、同じ列に座っていて見つけてくれました

再会&偶然!?も重なり、期待感もアップした私たちを迎えてくれたのは、

パイプオルガンの大迫力

一緒に行った ちあきちゃんが、

「始めの音にギョッとしました

だってこの迫力

7123

3000本以上のパイプから出される音量を聞いたら、

だれもが同じ反応でしょうねー

第一部のプログラムは古典的なバロックばかりかと思いきや、

フランスの近代の作曲家の作品も含まれ、

今でもオルガンが親しまれてることを感じました

第二部では北九州交響楽団との饗宴

パイプオルガンの迫力と、管弦楽の繊細な響きに、

小さな子供たちも多かった会場はすっかり静まって、

暑さも忘れるような特別なひと時でした

で、アンコールはまさかの、、、

”威風堂々”

一緒に行った やすこさんと、「やったね」と、思わずニコッ

あの有名な第1番を華やかに演奏してくれました

というのも、前回は、確か第5番がプログラムで、

多くの方が、「えっ?アレじゃないの??」といっていたそうで、

※威風堂々は5番まであります※

そのお返しが今日のアンコール!

すごい!北九響!

近くに座っていた女の子が思わず手拍子してて、

お母さんから怒られていたけど、その気持ちわかるっ

だって、私も手を叩きたかったくらい

7125

あっという間の楽しい時間、詳しい解説付きでとてもわかりやすく、

ありがとうございました

|

« 進んでます | トップページ | プリエの »

YUKO先生日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。